【800m走の練習方法】元県大会1位が教える速く走るためのコツ

せごまるせごまる

800mって陸上競技の中で一番きつい競技らしいですよ

どうも、せごまるです。

今回は、800mの走り方について、練習方法とコツをご紹介します。

手前味噌ですが、私、中学時代に800mで県大会1位になったことがあります(*´∀`*)

ちなみに、神奈川県の県大会です。平塚競技場で走りました。懐かしい(゚∀゚)

800mを少しでも速く走りたい人は、今回の記事を是非ご参考にしてみてください。

なお、1500m走についてはこちらをご参考に!

参考記事: 【1500m走の練習方法】元陸上部が教える5分切るためのコツ
 

スポンサードリンク

 

800mを速く走るための練習方法とは

私が通っていた中学校はとにかく練習がきつくて、そりゃあもう血へどを吐きながら練習していました(゚∀゚)

800mは、世の中的には中距離走にあたりますが、中学生のときは長距離の区分でしたので、練習も長距離の練習をしていました。

毎日5km以上は走っていましたね。

今思うと5kmは短い距離なのですが、中学生のときはとにかく長い距離だったことを覚えています。

ただし、800mを速く走れるようになるためには、800m走に特化した練習方法をしなければいけません。

ここでは、私が中学生のときに県大会一位になったときの練習方法をご紹介します。

◆800m走の練習方法

①スピード強化練習

インターバル走
300m×15本

※繋ぎは200mのジョッグ
※300mのタイムは45秒以内で走ること

②スタミナ強化練習

3000mのビルドアップ走

※始めは200mを50秒からスタート。
※200mごとに1秒アップし、最後の200mは全力。

③スタミナとスピード強化

1000m×3本(繋ぎは1kmのジョッグ)

1000mはいづれも全力で走ること。
遅くとも3分10秒は切れるようにする。

④筋トレ

腕立て、腹筋、背筋、スクワット
鉄棒を使って懸垂

とまあ、こんな感じですが、実際に練習をしているかたであれば分かると思いますが、設定タイムはかなり早いです。

当時は800mを2分以内で走ることを目標にしていたため、練習のタイムもそれに合わせています。

中学の県大会で一位になるためには、だいたい2分で800mを走らなければいけないため、そのタイム設定にしていました。

ですので、タイムが難しい場合は、自分が目標とするタイムを考えて調整すると良いです。

800m走で大切なこと

800mはとにかくスピードが命です。

練習でもスピードを意識して取り組むと良いです。

練習の中でも、インターバル走はスピードを強化できる練習ですので、まだやったことがない場合は取り入れてみると良いでしょう。

あとは、筋トレですね!

スピードを出すためには、筋肉が必要になってきますので、体を全体的に鍛えましょう。

筋トレに関して言いますと、走る競技なので下半身強化に目が行きがちですが、背筋が重要です。

背筋は腕振りに使われる筋肉で、腕をスムーズに振れるようになると、脚と連動してスピードがあがるため、重要な筋肉なのです。

背筋を鍛えるのに有名な筋トレ方法は、えび反りですね。

うつ伏せになって、上半身を起こす方法です。

背筋は筋トレをしないとなかなか筋肉がつかないので、取り入れていない人は是非やってみると良いですよ(*´∀`*)
 

スポンサードリンク

 

800m走で勝つためのコツとは

さて、具体的な練習方法がわかったところで、次は走るときのコツですね!

800mは、約2分という短い時間の中での戦いになりますので、スタートとラストが非常に重要になってきます。

これは1500m走の攻略方法としても似ているのですが、勝ちバターンとしては、前半と後半をあげて、中盤は我慢強くが鉄則です。

前半と後半のペースをあげる距離は、だいたい200mと考えておけば大丈夫です。

号砲が鳴ったら、初めの200mを飛ばします。

ここで、自分の位置取りをするわけです。

そこからは、レース展開にもよりますが、自分の目標タイムにあわせて、ペースをキープするわけです。

ウラモゲス君ウラモゲス君

このキープのときが一番の頑張りどころだな

そして、ラスト200mくらいになったら、スパートをかけます。

順位が決まる決勝戦などは、レース展開により、もっと早めにスパートをかける場合があります。

「世界陸上」の800mなんかをみると、350mくらいからロングスパートをかけて、ラスト100mで短距離選手かのような走り方にかわりスパートをかけています。

このスパートをかけるところまでついていかないと勝負になりませんので、そこまでいけない場合は、スタミナを強化する練習をすると良いです。

また、スパートでいつも負けてしまう場合は、スピード強化の練習をすると良いです。

インターバルやビルドアップなどは、それぞれの能力を高める練習になるため、必要に応じて取り入れておくと良いですね。

参考記事:脚力と心肺機能を鍛えられるビルドアップ走の練習方法と効果
参考記事:インターバル走にはコツがある!効果的な練習方法とは
参考記事:ウィンドスプリントの効果と練習方法。インターバルとの違いとは

中距離走をより理解するためにオススメの本

さて、私の体験談を交えてご紹介しましたが、専門の書籍がありますので、こちらをオススメします(゚∀゚)

▼基礎からわかる!中長距離走トレーニング

▼金哲彦のランニング・メソッド

まとめ

「800m走を速く走るための練習方法とコツ」についてご紹介しました。

800m走は、とにかくスピードが重要ですので、練習ではスピードを意識して走りましょう。

スピードの強化をおろそかにすると、レース中に脚に乳酸がたまり、まったく勝負になりません(゚∀゚)

乳酸がたまると本当に体がヘナヘナになりますよね。私も何度も経験しました。(*´∀`*)

そうならないためにも、練習と筋トレが大事ですので、日々やっていくようにしましょう。

スポンサードリンク