【アームカバーの効果とオススメのメーカー】ナイキよりもザムスト推し

せごまるせごまる

最近のランナーは、サングラスやらキャップやらカーフやら、色々な物を身につけて走りますね

どうも、せごまるです!

ランニング用の装備って結構色々とありますよね(゚∀゚)

例えば、サングラス、帽子、携帯ポーチ、アームバンド、GPS時計、心拍計、ゲイターなどなど。

私は結構、色々と試すほうなのですが、これまで一度も試したことがないものがありました。

はい、それはアームカバーです。アームウォーマーとも言います。

皆さんは普段、アームカバーをつけて走っていますか?

私は最近つけて走ったのですが、意外と良かったので、みなさんにご紹介したいと思います。


スポンサードリンク

ザムスト(ZAMST) :着圧アームカバー アームスリーブ コンプレッション

早速ですが、私が購入したアームカバーはこちらです。

ザムスト(ZAMST) 着圧アームカバー アームスリーブ コンプレッション ランニング (両腕入り) Mサイズ ネイビー 385822

新品価格
¥1,685から
(2020/2/10 22:41時点)

ザムストというメーカーが作っているアームカバーです。

私はザムストのゲイター(ふくらはぎ用のスパッツ)を愛用していまして、そのゲイターがとても良かったので、今回同じメーカーのアームカバーを買いました。

関連記事ランニング用ゲイターをスパッツよりも断然おすすめする理由

アームカバーは、見ての通りスパッツの「腕版」みたいなやつで、腕の部分だけを締め付けるタイツのようなものです。

アームカバーはよく、冬場のマラソン大会で、特に女子のランナーがつけてますよね。

前から気になってはいたのですが、なかなか試す勇気がなくつけられませんでしたが、意外と良かったので、良かった点をご紹介します。


スポンサードリンク

アームカバーのメリット

私が感じたアームカバーのメリットをまとめますと、こんな感じです。

■アームカバーの良かった点

・腕が軽くなる
・暖かい

たったの2点だけですが、これが意外と大きいです。

それぞれのポイントを簡単に細くします。

アームカバーのメリット1:腕が軽くなる!

市民ランナーでアームカバーをつけて走っている人をあまり見たことがないので、どうかなーと思っていましたが、結論からいうと、良かったです。

大会やレースのときでも、付けてみようという気になりました。

私はランニングをしている時に、特に意識しているのは腕振りなのですが、アームカバーをしていると腕が軽くなったような感覚になります。

腕振りもスムーズにできました。

コンプレッションタイツから得られる効果のように、圧迫することで血行が促進され、軽くなるようです。

ちなみに、私は脚に履くスパッツは苦手です。

どうも、締め付けられている感じが嫌で、よっぽどのことがない限り履きません。

反面、今回着用したアームカバーは、そんな抵抗感はなく、自分の体にフィットしているように感じられました。

自分が想定していたよりもとっても良かったので、まだ試されていない方はオススメです。

アームカバーのメリット2:暖かい!

冬にタンクトップのランニング1枚で走ると寒いですよね。

フルマラソンを3時間以内で走れるタイムが速いランナーは、体全身を使うため走っていても寒くはならないと思いますが、タイムがそれほど速くないランナーは、走っていても体が寒くなると思います。

そうはいっても、長袖で走ると腕振りがしにくいので、なるべくTシャツやランニングシャツを着て走りたいものですよね。

そんな時は、アームカバーが大活躍します。

防寒具の代わりになりますので、タンクトップとアームカーバをすれば、腕振りもしやすく寒くもなりません。

実際に私はこの格好で真冬に20km走をしましたが、全く寒くありませんでした。

防寒具としてアームカバーを使うのはアリです!


スポンサードリンク

 

アームカバーのデメリットとは。気になった点。

全体的に好印象なのですが、気になった点がいくつかあります。

以下、3点です。

■アームカバーのデメリット

・暑くなる
・締め付けが合わない人がいる
・心拍数が測りにくい

夏場はきついアームカバー

まず、暑くなる点です!(゚∀゚)

冬場は良いのですが、夏場はきついだろうなって思いました。

普通にアームカバーをしているところが暑くなります。汗もかきますので、装着するなら冬が良いと思います。

コンプレッションが苦手の人はきつい?

それと、締め付けが苦手な人は厳しいかなと思います。

私は心地よい締め付けと感じられたので、良かったですが、あわない人はいると思います。

サイズの選択をミスしてしまう事で、あわなくなるという人もいるかもしれません。

ランニング用の専門店にいくと、買う前に試し履きをさえてもらえるので、一度着用してみた方が良いと思います。

上で紹介したザムストのアームカバーは、サイズがS~Lまでありますが、腕の太さは意外と衣服のサイズに紐づいていないので、注意が必要です。

私は普段Mサイズですが、ザムストのアームカバーはSサイズにしました。

ちなみに、身長173cmで体重が57kgです。

Sサイズでぴったりで、Mサイズですと少し緩さを感じました。買う時はチェックした方が良いです。

心拍数が測りにくい

アームカバーは腕全体を覆うため、心拍を測れる時計をアームカバーの上からすると測れなくなります。

ですので、装着の仕方を工夫しないといけません。

アームカバーは意外と長いですので、折り曲げて装着することになります。


スポンサードリンク

 

オススメのアームカバー

私が購入したアームカバーは、ザムスト社のものです。

スポーツ用とランニング用の2種類があり、私はランニング用を購入しました。

ザムスト社以外にもアディダスやナイキ、アシックスなど、有名なスポーツメーカーから出ているので、探してみると良いと思います。

以下に、いくつかご紹介します。お値段も1500円程度で買えますので、試してみる価値はあると思います!

ワコール:CW-X アームカバー

ワコールは下着で有名ですが、ランニング用のタイツでも業界ではトップですので、アームカバーもオススメです。

レディース用もあります。

アシックス:アームカバー

陸上部からの絶大な人気のあるアシックスからもアームカバーが販売されています。

アディダス:アームカバー(ユニセックス・レディース兼用)

アディダスからも販売されています。

ユニセックスですので、レディースでもOKです。

ナイキ:アームカバー

ナイキが好きな人であれば、ナイキのアームカバーがオススメです。

ウェアからスパッツまで全部ナイキで揃えるランナーは意外と多いです。大会でもよく見かけます。

まとめ

私はラン歴が20年くらいになるのですが、今回初めてアームカバーを装備しました。

想像以上に良かったです!

私の感覚では、脚のスパッツよりも、腕のほうが効果があると思いました。

それほど私にとっては、良い体験でした☆

あと、トレランをする人は、アームカバーを装備するのが良いと思います。

走っているとき枝や草などから腕を守れますし、腕も疲れにくくなると思いますので。

今回は良い発見ができて良かったです☆
まだ装着されていない方は、是非一度試してほしいです(゚∀゚)

それではまた☆(゚∀゚)シャキーン


スポンサードリンク