【ランニングウェアの選び方(春夏秋冬OK)】見るべきポイントとは

どうも、せごまるです。

ランニングウェアってみなさんいくつ持っていますか。

僕は10枚以上持っていますが、着た数ですと100枚以上になると思います。

(僕はラン歴が20年以上ありますので、そのくらい着ています)

これだけの数を着ていると、走っていて気持ちが良いウェアとそうではないウェアが分かってきます。

今回はそんな僕がウェアを購入する時に気を付けているポイントを紹介したいと思います。

これからウェアを購入しようとしている方や、春用や冬用に備えたい方の参考になれば幸いです。


スポンサードリンク

オススメのランニングウェアとは

早速ですが、オススメのランニングウェアのポイントは全部で5つあります。

この5つを注意して買えば、外れないランニングウェアをGETできます。

●オススメのランニングウェアはこれだ!チェックするポイント

・素材がソフトタッチで柔らかい。
・機能的(吸汗性・通気性に優れている)。
・軽量である。
・小さめではなくやや長め。
・なるべく明るい色(黒より白)。

とまあ、こんな感じです。

ひとつづ詳細を解説します。

ランニングウェアのオススメポイント1:素材がソフトタッチで柔らかい。

素材は是非ともこだわって欲しいところです。

最近のランナーが着ているウェアの素材の中心は、ポリエステルです。

中心とは言っても中には、普通のTシャツのような綿素材を着て走っている人がたまにいらっしゃいます。

綿素材は汗を吸収しますが、乾きにくいのでやめた方が良いです。

汗が乾かないと、ウェア自体が汗で重くなりますし、長時間走っていると体温が冷えてきます。

ですので、素材はポリエステルをオススメします。

ポリエステルの中でも「ポリエステル92%+スパンデックス8%」とか「ポリエステル92%+ポリウレタン8%」など、割合が違う場合があるのですが、そこはあまりこだわらなくて良いです。

大して差がありません。

それよりも、ウェアを触った感じを大切にしてほしいです。

同じポリエステル100%でも、硬い素材と柔らかい素材があります。(これはもう感覚レベルの話しなので、個人差によりますが。。)

その中でも僕は柔らかい方の素材をオススメします。

シンプルに言うと、自分にとって肌触りが良い素材が良いという事です。

ランニングウェアは、直に自分の肌と接する事になりますので、肌との相性が肝になってきます。

特に男性の場合は、ランニングウェアで乳首がこすれて痛くなってしまうので、肌触りは重要です。

関連記事乳首が擦れて痛いぃぃ!ランニング時の対策方法5つご紹介!

ランニングウェアのオススメポイント2:機能的(吸汗性・通気性に優れている)

機能的に越したことはありません。

特に吸汗性通気性は大事です。

汗を吸わないと体が冷えますし、通気性は涼しさをもたらせてくれますので、特に長い距離を走る場合は必須ですね。

メッシュ加工のランニングウェアがありますが、これはどちらも兼ね備えている場合が多いので、オススメです。

夏場は特にメッシュ加工のウェアが良いです。

メッシュ加工は冬では着なくなると考えるかもしれませんが、冬はアンダーウェアとして着れます。

春夏秋冬ずっと使えるので持っておいて損はないです。

ランニングウェアのオススメポイント3:軽量である。

「ランニングウェアの重さなんてそれほど変わらない」と思うかもしれませんが、重さは意外と違います。

僕は軽量のウェアをオススメします。

理由は、ランニング中のストレスを軽減できるからです。

ランニング中は同じ行動の繰り返しですので、腕振りなどでウェアと皮膚が擦れてしまうと、ずっと痛い思いをする事になります。

また、軽いウェアは風通しが良いので、夏場は涼しく走れます。

「冬場は寒いのでは?」と思うかもしれませんが、重ね着で対応するので問題ありません。

ですので僕は、何も着ていないくらい軽いウェアが好きです。

お店で買う場合は、他のウェアと重さ比べをしてみてください。

重さの違いが分かると思います。


スポンサードリンク

 

ランニングウェアのオススメポイント4:小さめではなくやや長め

これは好みによると思いますが、ウェアの縦の長さの事で、長い方をオススメしています。

ウェアが短いとおへそが出てしまうため、お腹が冷えやすいです。

夏場でもお腹がかなり冷えるので、お腹が隠れるくらい長めのウェアで対策すると良いです。

パンツにインして着る人とそうではない人がいると思いますが、長めのウェアはどちらも対応できるので、悩んだら長めで良いです。

夏以外の春冬秋は、基本走っているとお腹が冷えて寒くなるので、お腹対策はしておくべきです。

ランニングウェアのオススメポイント5:なるべく明るい色(黒より白)

色も完全に好みだと思いますが、僕は暗い色よりも明るい色(特に白色のウェア)をオススメします。

理由はいくつかありまして、以下です。

●黒より白色のウェアが良い理由

・夏は暑くなりにくい。
・トレランのとき黒だと蜂などの虫が寄ってきやすい。
・夜など視認されやすい。

という点です。

特に夜に練習する人は、なるべく黒よりも明るい色が良いと思います。

でもまあ、色は好きな色を着て走るのがベストでしょうね。

気持ちを昂らせて走るのが一番ではないでしょうか。

ランニングウェアでオススメのメーカーはあるか

僕のオススメのメーカーは、特にありません。

良いウェアだと判断したら、それを買います。

ランニングウェアは、購入すれば何年も使えるので、良いと思ったら高くても買ってみる事をオススメします。

ただし、自分が買った中でも、実際使ってみると合う合わないウェアというものが出てきます。

僕は10枚以上持っていますが、1軍、2軍、大会用みたいにレベルが分かれています。

その中でもよく使っているウェアのメーカーは何かと言えば、練習着でしたら

ナイキが多いです。

僕のイメージのナイキは、シンプルなデザインでウェアが割と大き目です。

なので、ナイキは僕の好みのランニングウェアが多く、愛用しています。

ちなみに、大会用でしたらアディダスです。

ノースリーブ(タンクトップ)のランニングウェアで、大会に出場する際はまずそれを着ます。

最近のランナーでよく見るのは、アンダーアーマーのウェアを着ている人を見ます。

アンダーアーマーは、ナイキやミズノと比較すると価格が高いです。

そして、素材自体も割と硬めが多いです。ですので、持っていますが僕はあまり好んで着ていません。

あとは、陸上といえばアシックスミズノが有名ですので、これらのメーカーのウェアを好んで着用しているランナーは昔から多いです。

ランナー初心者ですと、ユニクロやジーユーでウェアを揃えるという人もいるようです。

僕はランニングウェアとしては使わないですが、ユニクロは好きです。

ユニクロは肌さわりの良い素材がたくさんあるので、ユニクロでランニングウェアを揃えるのも良いと思います。

具体的なオススメのランニングウェア

僕が良いなと思うランニングウェアをいくつか紹介します。

まずは練習着としてオススメはこちらです。

▼(ナイキ)ランニングウェア メンズ

▼(アディダス)ランニングウェア メンズ

そして、大会用や夏場の暑い時にオススメのウェアはこちらです。

▼(テスラ)ノースリーブ ランニングウェア メンズ

▼(アンダーアーマー)ランニングウェア メンズ

レディース向けはこちらがオススメかと思います。僕は男なので、機能性を重視しました。

▼ランニングウェア レディース1

▼ランニングウェア レディース2

まとめ

オススメのランニングウェアという事でポイントをお伝えしました。

まとめますとこちらです。

●ランニングウェアを買う時に見るべきポイント(春夏秋冬OK)
・素材がソフトタッチで柔らかい。
・機能的(吸汗性・通気性に優れている)
・小さめではなくやや長め
・軽量である。
・なるべく明るい色(黒より白)

ランニングを生活に取り入れている人であれば、ウェアは何十枚も持っていると思います。

そして、それを数年間着用していると思いますが、最近のウェアは素材が良くて軽量のものも多く出ていますので、最近ウェアを買っていない人でも今回のポイントを参考にして頂けたらと思います。

それでは、また!


スポンサードリンク