【ランニングダイエット】絶対に痩せられる具体的な方法

せごまるせごまる

ランニングをすれば必ず痩せられます。必ずです。

どうも、サイト管理人のせごまるです(゚∀゚)

みなさん、頑張ってダイエットしていますか。

今回は私がこれまでやってきた「ランニングダイエット」の具体的な方法についてご紹介します!

スポンサードリンク

ランニングをすれば絶対に痩せられる!やるべきこととは!?

世の中には、ありとあらゆるダイエット方法があると思いますが、僕は「手軽に」なおかつ「必ず結果が出る」ダイエット方法はランニングだと思っています。

いや、ほんとランニングすれば必ず痩せれますよ。

文字を大きくして言っちゃいましたが、本当にそう思っています。

なんでこう思うかと申しますと、私はランニングで実際に痩せてきたからです!百戦錬磨です!

このブログでも度々ご紹介してきましたが、私のこれまでのランニングダイエットの成果はこんな感じです。

■ランニングダイエット 成果

・ランニングダイエット1週間で1kg痩せました
・ランニングダイエット1ヶ月で3kg痩せました

などなど。

詳細はダイエット記事をご覧ください。

参考記事:ダイエット記事一覧

私の身長と体重は、173cm58kgなので、一般的に痩せ型の部類に入ります。

この痩せ型の私が1週間で1kg痩せたのですから、太った人であればもっと痩せれると思います。

私は元陸上部の長距離ということもあって、私の友達にはランナーがたくさんいるのですが、そんなランナー友達もみんな痩せています。

ランニングは、細マッチョになりますが、余分な筋肉がつきにくいスポーツなので、ダイエットには最適なんです。

これは、プロのマラソンランナーの体型を見れば明らかだと思います。みんな痩せていますよね!?こういった意味でも、ランニングは痩せたい人からすれば最適なスポーツなんです。

また、ランニングには色々なメリットがあります。まとめるとこんな感じです(゚∀゚)

■ランニングダイエットのメリット

・お金がかからない。
シューズさえあれば、誰でもできる。

・どこでもできる・場所を選ばない。
外を走れば良いので、出張や出先でもできる。

・健康に良く、体が強くなる。
ダイエット効果があるだけではなく、脳にも良いとされている。

・基礎体力がつく
他のスポーツでも通用する体力がつく。

・ランニング仲間ができる
ランナーは増えてきているため、ランニングを趣味として仲間が増える。

とまあ、ダイエット効果以外にも様々なメリットがあるわけですね(゚∀゚)

ちょっと、前置きが長くなっちゃいましたが、それではランニングダイエットで成功を収めるためには、どんなことをすれば良いのかについて、具体的な方法をご紹介します。

最低1週間に1度は走るようにする

まずはランニングをする頻度についてです。

ズバリ、頻度は1週間に1回でも走れば痩せられます。

もちろん、回数を増やせばその分痩せられますし、痩せるスピードも早くなります。ただし、初心者の人はやりすぎると怪我をしてしまう可能性がありますので、やりすぎには気をつけたほうが良いです。

私が1ヶ月で3kg痩せたときは、まさに1週間に1回走って痩せました

これからランニングで痩せようと思っている人は、1週間に1回は走るようにすることをオススメします。

どんなに遅くても良い。距離を重視すること

続いては、走る距離とスピードについてです。

30分以上走ることができるようになれば、必ず痩せられます。

私が痩せたときは常に5km以上走るようにしていました。5kmを走ると時間にすれば約30分走ることになります。

そんなに走ることができない人は、まずはウォーキングをすることをオススメします。

ウォーキングを続けていくと、徐々にペースをあげても楽に歩けるようになりますので、それが慣れてきたらランニングに移行すれば良いです。

30分のランニングに慣れてきたら、40分、50分と走る時間を伸ばしていき、最終的には60分のランニングができるように目指しましょう。

60分走ると、距離にすれば10km走ることになります。10km走れる体になっている時点でかなり痩せていると思います。

また、走るスピードですが、ダイエットのために走るのであれば、スピードは意識しなくて良いです。

先ほど述べたように、走る時間を重視しましょう

「スピードをあげて走ったから、疲れてしまって10分しか走れなかった。。」というのは最悪なんです(゜Д゜;)

どんなに遅くても良いので、30分であれば30分走り切るようにしましょう

長距離の練習として、LSDと言うものがあります。

「Long Slow Distance」 の略称で、ゆっくり長く走る練習のことです。

このLSDをすればダイエットに効果的なんですね。

モチベーションの維持を保つ

ダイエットは長くて辛いものですよね。

ランニングダイエットもそうで、走るのが苦手な人にとってみれば、続けることが大変だと思います。

そこで常にモチベーションを維持することが大切です。

モチベーションの維持方法をご紹介します。

■ランニングのモチベーションをキープするための方法

1.毎日のタイムを記録し、自分が成長していることを実感する
2.大会に出場する
3.友達や仲間を作り、記録を共有したり一緒に走る
4.家族や恋人にご褒美を用意してもらう

とまあ、こんな感じです。

私が特にやっていたのは、「1.毎日のタイムを記録し、自分が成長していることを実感する」と「2.大会に出場する」です。

ランニングはやればやるほど、タイムが早くなったり、走る距離が長くなってきて、自分の成長を実感することができます

でも、それはきちんと毎日タイムをとっていないと実感できないわけですね。

私はランニング用の時計を用意して、日々走っていました。

最近のランニング用の時計は、タイムを計れることはもちろん、走った距離やペース、消費カロリーなど測れますし、GPSと連動して走った場所や道のりも記録することができます

これを毎日記録することで、自分の成長を実感できるわけです。

「1週間前は5kmを走るのに30分かかってたけど、今日走ったら25分で走れた。しかも余裕があった。」といったことが、実感できるんですね。これはモチベーションがあがりますよ。

いくつかランニングに特化した時計をご紹介します。

▼GARMIN(ガーミン) ランニングGPS ForeAthlete 220J

GARMIN(ガーミン) ランニングGPS ForeAthlete 220J

▼[カシオ]CASIO 腕時計 PHYS フィズ ランナーウォッチ

[カシオ]CASIO 腕時計 PHYS フィズ ランナーウォッチ

新品価格
¥2,980から
(2017/5/20 19:53時点)

▼[カシオ]CASIO 腕時計 SPORTS GEAR スポーツギア

[カシオ]CASIO 腕時計 SPORTS GEAR スポーツギア

新品価格
¥2,030から
(2017/5/20 19:53時点)

あとは、大会に出場することもモチベーションアップには最適です。

特に友達や家族と一緒に大会に出場すると、大会が近づくにつれて「負けられない!」と思い、嫌でも走るようになりますので、練習嫌いの人には最適なモチベーションアップ方法だと思います。

食事制限をすれば、もっと痩せられる

次は食事制限についてです。

私が痩せた時は、晩御飯だけ食事制限をしました。

朝と昼は自分の好きなものをとことん食べて、夜ご飯だけ制限していました。

食事制限と言っても、夜ご飯をまったく食べなかったわけではありません。

野菜やそば、うどんを中心とした食事に変更しただけです。

ダイエットといえば、お腹をペコペコにして頑張らないといけないと思いがちですが、ランニングダイエットでは基本食事制限はしなくても良いです。

ですので、お昼にカツカレーとか、焼肉定食とか、普通に好きなものを食べてOKなわけです。

私が実践して感じているのは、ランニングダイエットの強みは、痩せる体型にさせてくれる点です。

ランニングは負荷の高い全身運動になるため、体全体が改造されます。

先に述べました通り、10kmも走れるようになると、体がそれ用に変身していますので、普段の生活で食事をたくさん取っても、ランニングを続けている限り、太るようなことはまずないです。

現にランナーは、練習の後や練習の前に、たくさん食事をとります。それでも太ることはありません。体型がランナーの体型になっており、太らない体型になっているからです。

私は短期間で痩せたかったため、食制限をしていましたが、食事制限をしなくても走っていれば痩せます。

重要なことは、食事制限よりも継続的にランニングをすることですね(゚∀゚)

スポンサードリンク

 

移動時間を利用して走る

ランニングをしている時間がない人にオススメする方法は、移動時間を利用して走ることです。

私は普段仕事をしているのですが、稼働が高いときは、深夜にまで仕事をすることがあります。土日に出勤するなんてこともあるわけです。

そんなときはランニングをする時間がとれなくなるため、通勤時間を利用して走っていました

ランニングをすると、準備やストレッチなどを含めると1時間はかかるので、忙しいときなどは隙間時間で走ることをオススメします。

特に通勤ランは本当にオススメですよ(゚∀゚)

通勤時間をランニングに充てると、様々なメリットを受けることができます。

■通勤ランのメリット

・満員電車に乗らなくて良い
・ランニングで痩せられる
・頭がスッキリするので、仕事や勉強に集中できる

といったことですね。

通勤ランについては、過去に記事を書いたことがありますので、あわせてご紹介させていただきます。

参考記事:【通勤ラン実践】通勤ラン用のバッグはトレランバッグがオススメ

筋トレをすれば体脂肪を低くできる

続いては、筋トレについてです。

ランニングをしていれば、基本的に筋トレはしなくても痩せられます

ランニング自体が全身運動になりますので、走っていれば必要な筋肉がついてくるわけです。

それでも、筋トレをすることで、さらに痩せることができます

私も実践していましたが、特に体脂肪を減らすことができます

より体を引き締めることができるんですね。

ですので、短期間で痩せたい人は、ランニングと並行して、筋トレをすることをオススメします。

体のケアをしっかりする

最後に体のケアについてです。

ランニングはとにかく全身の筋肉を使うので、体に疲労がとてもたまります。

疲労がたまると、怪我や日常生活に支障が出てしまうため、なるべく疲労を残さないようにすることが重要になってきます。

対策としては、ストレッチをオススメします。

脚のストレッチはもちろん、ランニングは上半身も使うため、腕や肩のストレッチもしたほうが良いです。

また、パートナーがいれば、お互いにマッサージをしあうことで速やかに疲労をなくすことができます。

私が陸上部だった頃、必ず練習終わりにストレッチはしていましたし、2人ひと組になって、マッサージをよくやっていました。

ストレッチやマッサージについてのオススメの書籍やグッズをご紹介します。

▼最高のランニングケア

一流ランナーは必ずやっている! 最高のランニングケア

▼「骨ストレッチ」ランニング

「骨ストレッチ」ランニング 心地よく速く走る骨の使い方 (講談社)

▼マッサージローラー

MAXTEC マッサージローラー マッサージスティック

▼マッサージ ボール ローラー

マッサージ ボール ローラー

1人でマッサージはできないですが、こういった器具を使うことで疲労を軽減することができます。

疲労があるのとないのとでは、走りに影響してきますので、なるべくその日中に疲労をとるようにしましょう!

まとめ

ランニングダイエットの具体的な方法」についてご紹介しました。

まとめますと、こちらです!

■ランニングダイエットの具体的な方法

・最低1週間に1度は走るようにする
・どんなに遅くても良い。距離を重視すること
・モチベーションの維持を保つ
・食事制限をすれば、もっと痩せられる
・移動時間を利用して走る
・筋トレをすれば体脂肪を低くできる
・体のケアをしっかりする

ランニングをして痩せるための方法を色々と語ってきました。

たくさん書きすぎると訳がわからなくなると思ったので、要点だけまとめたのですが、いかがだったでしょうか(゚∀゚)

得に伝えたかったことは「1週間に1回は走ること」と「30分以上走れるようになること」です。

この2つを継続的にすれば、必ず痩せられます。

ランニングが不得意な人は、30分も走れないと思います。

そんな人は、まずはウォーキングから試してください。

長距離やスタミナって、やればやるほどついてくるんです。これほんとです。

今は無理でもやれば必ずできるようになりますので、痩せたいのであればすぐに実行してみることをオススメします。

ランニングダイエットは、ほんとに痩せれるので是非試してみてください★

スポンサードリンク