【差が明確!】ランニングとウォーキングの消費カロリーの違い

食べるダイエットをしている管理人せごまるです(゚∀゚)

今回は消費カロリーについて。

ダイエットをする前は全然気にしていなかったのですが、ダイエットをしてみると気になり出しました。

何かといいますとカロリーです。
 

スポンサードリンク

 
カロリーって、よくお弁当とかのラベルについているアレです。

あれってやはりダイエット中は高いカロリーのものは食べない方が良いと思うんですが、私みたいに食べるダイエットをしている人は、こんなふうに思うんです。

高いカロリーを食べたら、その分、運動してカロリーを減らせばいいや」って。

ダメな考えってことはわかるんですが、でも長くダイエットを楽しくやるのであれば、この考えはたまには必要かなって思うんですね。

そこで、肝心な「運動によって減らせるカロリーって、どのくらいなの?」ってとこなんですが、実際に試してみたので、そちらを展開させていただきます。

ランニングとウォーキングの消費カロリー

私が実際にやった運動とは、ズバリ、ランニングとウォーキングです。

おそらくダイエットをしている人でも、この2つの運動はよくやると思います。

では、早速カロリーをご紹介です。

◆ランニングとウォーキングの消費カロリーメイト

【ランニング】
 ・30分(約5km) 消費カロリー 437kcal
 ・60分(約10km) 消費カロリー 756kcal

【ウォーキング】
 ・30分(約2km) 消費カロリー 150kcal
 ・60分(約4km) 消費カロリー 321kcal

さて、いかがでしょうか。

私の思ったことは「ウォーキングって全然効果ないじゃん!!」ということです。

消費カロリーを目的に運動するのであれば、ウォーキングはかなり不効率な結果となってしまいました。

早くダイエットで効果を出したいのであれば、ランニングの方が圧倒的に効果的だと思います。

現に私はランニングをして食べるダイエットをしていますが、1ヶ月で3kg痩せました(゚∀゚)

参考記事:【ダイエット1ヶ月経過】3kg減りました!実践方法をご紹介

ダイエットにはランニングが最適ですね。

でも、ウォーキングのメリットもあると思います。
 

スポンサードリンク

 

ウォーキングをすることのメリット

ウォーキングをぶった斬るとかわいそうなので、ウォーキングのメリットをまとめます(゚∀゚)

こんな感じですね(*´∀`*)

◆ウォーキングメリット

・基礎体力がなくても気軽に始めることができる
・ランニングよりかは負荷がないため、怪我しにくい
・日常生活で気軽に取り組める
・ストレス軽減効果がある

とまあ、こんなところでしょうか。

ランニングを5kmしようとなると、それなりに基礎体力がないとできませんが、ウォーキングであれば体力がないかたでも気軽にできると思います。

また、ウォーキングは有酸素運動ですので、脂肪を燃焼しやすい運動でもありますため、ダイエットに全く効果がないわけではないです。

手軽に始めたいのであればウォーキングが良いでしょうね(゚∀゚)

参考記事:【痩せれる!】ダイエットに効果的なウォーキングの正しいやり方

また、ウォーキングでも「やってはいけないウォーキング」というものがあるようですので、ご紹介します(゚∀゚)

▼やってはいけないウォーキング

やってはいけないウォーキング (SB新書)

まとめ

「ランニングとウォーキング」の消費カロリーについてご紹介しました。

ダイエットにはランニングが効果的ですが、体力がない人はまずはウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。

継続的に続けることで基礎体力がついてきますので、体力ができてきたらランニングに切り替えると良いでしょうね(゚∀゚)
 

スポンサードリンク