ランニング用膝サポーターが良い!トレイルランナーにもおすすめ

今回はとても素晴らしいランニンググッズを発見してしまったので、オススメしちゃいます!

ズバリ、膝痛対策用のサポーターです!

膝の痛みに悩まされている方に超オススメです。

だまされたと思って、一度、履いてみることをオススメします。いや、ほんとに(*´∀`*)

また、これまでサポーターを履いても何も変わらなかったあなた!私もそうでした★

でも、このサポーターは、違いました(゚∀゚)

サポーターの概念を覆すほどのインパクトがあります★

今回は、「ZAMST(ザムスト) RK-1」という膝用のサポーターを履いて、100キロほど走りましたので、その商品のレビューをしたいと思います★
 

スポンサードリンク

ランニング用膝サポーター

膝サポーターは色々あるのですが、私が購入したのは、こちらです!
まずはお写真から(*´∀`*)

ZAMST(ザムスト) RK-1 ランニング膝サポーター ブラック 右足用 Mサイズ

製品概要

製品概要は、Amazonの説明文から抜粋します。こんな感じです。

膝(ヒザ)の外側へかかる負担を制限して、ランニング時の膝を徹底的にサポート。

ランニング中に起こる膝の左右のぐらつきをしっかりガードし、ヒザへの負荷を軽減します。

素材は、通気性の良い素材を採用し、違和感を感じさせない快適な装着感を実現しています。

ランニングの動きにあわせた独自の立体裁断を採用し、ランナーの膝をサポートします。

とまあ、こんな感じです!

膝対策用のサポーターは色々あるのですが、結構どれも似たようなことが書かれています。

ですので、購入するまで自分の膝にあうのか分からない場合が多いのですが、今回の商品は私の膝にぴったりあいました。

フィットしたって感じです★

この商品をつけて100キロほど走りましたので、メリットデメリットをご紹介していきます★

膝痛対策用サポーター「ZAMST(ザムスト) RK-1」のメリット

その1 フィット感がスゴイ

今回購入したサポーターは、「ZAMST(ザムスト) RK-1 ランニング膝サポーター」というものなのですが、これがとにかくフィット感が良かったです。

ZAMST(ザムスト)は、会社名なのですが、日本発のスポーツサポータ-&ケアブランドをうたっており、サポーター関連の商品をたくさん作っている会社です。

しかも、スポーツをする人向けのサポーターを専門に作っている会社なので、扱っている商品のほとんどが、運動をするときに使われることを想定して作られています。

ですので、とにかく運動している最中でも違和感はなく、フィット感がすごいんです!

企業努力というやつですね(*´∀`*)

その2 膝の可動域が制限されない

サポーターを膝につけたことがある人や、テーピングを膝の周りに貼ったことがある人は分かると思うのですが、膝周りを固めると、可動域が狭まってしまうことがあります。

ですので、つけていないときよりも、ランニングしているときの歩幅が狭くなってしまうことがあるんです。

ですが、この「ZAMST(ザムスト) RK-1」については、それを感じさせないほど、やさしく膝を包み込んでくれます(*´∀`*)

しっかりサポートしてくれているのですが、可動域はそのままをキープしてくれるので、とても走りやすいんです(゚∀゚)

その3 通気性が良い

私はこれまでいくつかのサポーターをつけて走ったことがあるのですが、これまでの商品は長時間走っていると、膝周り(特に膝裏)が痒くなるんです。

どうしても汗が溜まってしまい、夏場などは、それが固まって塩になるので、とにかく痒くなるのですね。

ところが、この「ZAMST(ザムスト) RK-1」は、そういうことがなかったです。

通気性の良い素材を売りにしていることから、この素材が良いのだと思います。

その4 ゴム素材のため、どんな膝でもフィットする

フィット感が良いというメリットをご紹介しましたが、Amazonのレビューを見ると、みなさんフィット感の良さを褒めていますので、私の膝だから特別にフィットしたと言うことではないのだと思います。

素材が伸縮性のあるゴムでできているため、どんな人の膝にも合うように設計されているのだと思います。

ちなみに、サイズはMとLがあるようです!私は身長が174cmで体重が59キロなのですが、Mサイズを購入しました。

それと、右用と左用がありますので、間違って逆の足用のものを買わないように注意してください★

▼左足はこちら

ZAMST(ザムスト) RK-1 ランニング膝サポーター 左足用 372812 ブラック Mサイズ

その5 着脱がとにかく楽

膝痛対策でよくあるのが、テーピングだと思います。

テーピングの場合は、自分の膝にあわせて細かく貼る位置を調整できるため、思うような補強をできるところがメリットですが、とにかく貼るのが手間です。

また、テーピングの知識が多少いりますので、なかなか素人ではうまいこと貼ることができません。

反面、膝用のサポーターは、着脱がとにかく楽なんです。

装着して、自分の膝の位置にあわせて、マジックテープで装着すればこれで完了です。

暑くなったり、不要になればすぐに脱ぐことも可能なので、そういった意味では、サポーターのほうが扱いやすいです。

 

スポンサードリンク

膝痛対策用サポーター「ZAMST(ザムスト) RK-1」のデメリット

この商品は私の中ですごいインパクトですので、あまりデメリットはありません。(゚∀゚)

強いて言えば、黒色しかないってことですかね!

ですので、装着してランパンなんかで走ると、かなり目立ちます!

「あっ、あの人膝痛いんだなー」って絶対思われていると思います(*´∀`*)

女性の場合は、黒色のサポーターですと、結構つけづらいのかなーと思ったりしますが、機能としては最高ですので、そこは勇気を出して装着してみましょう(゚∀゚)

私が購入した理由

なぜ、私がこの商品を購入したかと言いますと、以下のような理由からです。

テーピングよりもサポーターの方が楽

こちらはメリットのところでもご紹介したように、今までテーピングで膝を補強していたのですが、それですと手間なので、サポーターにしました。

トレランを走るため

トレランは、下りの山道を走ることになるので、膝への負担は、ロードを走るときよりも大きいといわれています。

ですので、トレランの大会なんかに出ますと、ほとんどの人が膝対策をしています。

私もテーピングでしていたのですが、あまり効いていない感じでしたので、サポーターできっちり補強しようと思い、サポーターにしました。

それにテーピングは消耗品で、切れるとまた買わないといけませんが、サポーターの場合は、ずっと使えます。経済的にも良いですね(*´∀`*)

値段が手頃でAmazonでの評価がとにかく高い

膝用のサポーターは、色々あるのですが、なぜこの「ZAMST(ザムスト) RK-1」にしたのかは、ズバリ値段と評判です!

ズバリ値段は、2600円くらいです。また、Amazonの評価も高く、60個の評価があり、星も4つの評価です。

また、メーカーがZAMST(ザムスト)ということもあり、安心感がありました(゚∀゚)

まとめ

「ZAMST(ザムスト) RK-1」のご紹介をさせていただきました。
まとめますとこうです!

◆メリット
その1 フィット感がスゴイ
その2 膝の可動域が制限されない
その3 通気性が良い
その4 ゴム素材のため、どんな膝でもフィットする
その5 着脱がとにかく楽

◆デメリット
色が黒色しかない!目立つ(*´∀`*)

◆私が購入した理由
・テーピングよりもサポーターの方が楽
・トレランを走るため
・値段が手頃でAmazonでの評価がとにかく高い

膝痛で悩まされている方には、とにかくオススメです。

また、普段の生活で歩くときに膝が痛くなる方にも、もちろんオススメです。

これまでサポーターをつけられていなかった方、はじめは抵抗があるでしょうが、効き目は抜群に良いですので、この機会に検討されてみてはいかがでしょうか☆

 

スポンサードリンク