ヨネックスのランニングシューズが凄い!セーフラン800レビュー

私は中学生の頃から、長距離をやっていましたので、もうかれこれ20年以上走っていることになります(*´∀`*)

その間、色々なランニングシューズを履いてきました。

メーカーで言いますと、アディダス、ミズノ、アシックス、ナイキ、リーボック、プーマなどなどです。

しかし、そんな中、唯一履いていないメーカーのランニングシューズがありました。

そうです!タイトルにもあるように、YONEX(ヨネックス)です!
 

スポンサードリンク

 
ヨネックスは、テニス用品を売っているメーカーとして有名ですが、ランニングシューズも販売しています。

私はテニスでヨネックスのシューズを履いていまして、とにかく履きやすかったので、ランニングシューズもないのか探した所、ザクザク出てきました(゚∀゚)

今回は、私が初めて購入したヨネックスの「SAFERUN(セーフラン)800」というランニングシューズのレビューをしたいと思います(*´∀`*)

ヨネックス ランニングシューズ SAFERUN(セーフラン)800というシューズについて

[ヨネックス] YONEX ランニングシューズ セーフラン800 SHR800M 097 (ネイビー/レッド/26.0)

SAFERUN(セーフラン)800は、ヨネックスが販売しているランニングシューズです。

メーカーのキャッチコピーは、こちらです(゚∀゚)

◆SAFERUN(セーフラン)800 キャッチコピー
膝に優しい機能と設計を搭載。ひざに不安を抱えるすべてのランナーへ。

どうやら、膝の負荷を軽減できることをアピールしているようですね。

また、主なシューズの仕様はこちらです。

◆SAFERUN(セーフラン)800 仕様

・メイン素材: メッシュ
・カラー:フラッシュブルー、フラッシュイエロー、ネイビー/レッド
・アッパー:人工皮革
・ミッドソール:合成樹脂
・アウトソール:ゴム底
・インソール:パワークッション
・サイズ: 24.5〜29.0
・重量:片足約310g(26.0cm)
・ヒールの高さ: 4 cm
・ソール素材または裏地: ラバー+発砲ラバー
・ソールの厚さ:2.5cm
・留め具の種類: レースアップ

SAFERUN(セーフラン)800 メリット

このランニングシューズを履いて、100kmほど走りましたので、私が感じたメリットをご紹介します(゚∀゚)

メリット1:クッション性

このシューズの特徴をひとことで言うと、とにかくクッション性が高いということです。

先ほどご紹介したキャッチコピー「膝に優しい機能と設計を搭載。ひざに不安を抱えるすべてのランナーへ。」が、アピールしている通り、高いクッション性が、膝への負担をは軽減しています。

ヨネックスの独自技術から開発された「パワークッション」という機能が、このシューズのソール部分に施してあり、それが高いクッション性を生んでいるようです。

ヨネックス パワークッション 搭載箇所

このパワークッションはとにかく凄いんですね(゚∀゚)

パワークッションに卵を落下させても、その卵は割れないほど、クッション性に優れているんです(゜Д゜;)

私はテニスシューズでヨネックスを履いているのですが、そのシューズにもパワークッションがあり、この機能の凄さには実感していました。

初めて履いたときから、歩くのも楽になります。とにかくクッションが優れているため、その場でぴょんぴょん飛び跳ねたくなるほどです。実際私は飛び跳ねました(゚∀゚)

メリット2:横幅が広めの設計

これまでランニングシューズを何十足も履いてきて感じていることがありますが、ランニングシューズは各メーカー、足幅サイズが若干違います。

同じ26.5cmでも、ナイキとアディダスでは、履いた感じが全然違うのです。このような感じを持った方は、少なくないと思います。

今回のヨネックスはどうかと言いますと、割りと大きめに作られています

サイズの縦幅だけではなく、シューズの横幅も割りと大きめに作られているせいか、シューズを履くと、足裏に変な締め付けがなく、非常にゆったり履ける印象です。

アシックスが、横幅を選べるように、スリム型やスーパーワイド型といったサイズを出しますが、アシックスでいうスーパーワイド型に近い、幅の広さを感じました。

私はランニングシューズはきつめよりも、ゆるめで履きたいので、私にとってはメリットでした。

メリット3:色がたくさんある

このシューズは、色が3パターン用意されています。

自分の好きな色で走れると、気分も乗っていけますよね(゚∀゚)

YONEX ランニングシューズ セーフラン800 ブルー

YONEX ランニングシューズ セーフラン800 イエロー

SAFERUN(セーフラン)800

 

スポンサードリンク

 

SAFERUN(セーフラン)800 デメリット

メリットがあれば、デメリットもあるということで、私が感じたデメリットをご紹介します。

デメリット1:重さ

仕様に記載したとおり、このシューズは、片足約310g(26.0cmの場合)あります。

310gが重いのか、軽いのか分からないと思いますが、以前私がレビューしたアディダスの「アディゼロ匠 練 (adizero takumi ren)」の重量は、140グラムです。

(参考)アディゼロ匠 練 (adizero takumi ren) シューズレビュー

2倍以上重いんです。

アディゼロ匠 練は、ランニングシューズの中でも、軽い方なので、仕方ないのですが、普段から軽い人を履いている人からすると、このシューズは重く感じられると思います。

デメリット2:通気性

重いシューズでありがちなパターンではあるのですが、通気性がないことです。風通しがそれほど良くないです。

上の写真で見てもらいましたが、パッと見テニスシューズなんじゃないかってくらい、ガッチリ作られていると思います。

夏場はちょっと暑苦しくなるかもしれませんので、靴下を吸汗性のものにするなど、対策が必要です。

こんな人にオススメ

デメリットもご紹介しましたが、SAFERUN(セーフラン)800は、とにかくクッション性が抜群で、足幅もゆったり履けるため、ウォーキングや軽めのランニングをする人にはぴったりだと思います。

ランニングシューズとありますが、ウォーキングでも全然使えます。というか、むしろウォーキングにぴったりなシューズかと思います。

あとは、膝の痛みに悩まされている方にもオススメできるシューズですね(*´∀`*)

クッション性抜群ということは、ウルトラマラソン(100km)でも使えるかもしれませんね(通気性の問題はあると思います)

逆に、スピードを出して走りたい方や、800mや3000mなどのトラック競技で履こうと考えている人は、あまり向かないと思います。

やはりスピードを出すには、重すぎます(゜Д゜;)

なお、このシューズはレディース用もありますので、女性のかたでも履くことは可能です(゚∀゚)

▼[ヨネックス] YONEX ランニングシューズ セーフラン800 レディース

[ヨネックス] YONEX ランニングシューズ セーフラン800 SHR800L 486 (スモークピンク/25.5)

まとめ

購入してから100km走りましたが、全体的には走りやすく、良い感じです。

これから、もっと走りこんでいきますが、使い倒したときのクッション性はどうなるのかも、機会があればレビューしたいと思います。

なお、最新情報ですが、このシューズの最新バージョンがでるようです。

YONEX ランニングシューズ セーフラン800X」というシューズが10月上旬に出るようですね、最新版がほしいということはチェックしてみてください(*´∀`*)

なお、今回ご紹介した「ランニングシューズ セーフラン800」は以下から購入可能です。

[ヨネックス] YONEX ランニングシューズ セーフラン800 SHR800M 097 (ネイビー/レッド/26.0)

それでは、また!

シャキーン(*´∀`*)
 

スポンサードリンク