【下着不要!】インナー付きランニングパンツの正しい履き方。

今回はランニングパンツの正しい履き方について、書きます!

意外と間違って履いている人が多いことが分かったため、話せば30秒で終わることですが、あえて書きますね!(*´∀`*)
 

スポンサードリンク

 

今さら聞けない?インナー付きのランパンの正しい履き方とは

そもそもなんでこんな話しを書くことになったかと申しますと、会社のお昼に同僚とランニングについて話していたらこんな質問を受けたからです(゚∀゚)

「ランパン(ランニングパンツのこと)にインナーが付いている物があるけど、あれって下着の上から履くんじゃないの?(*´∀`*)」

答えはズバリ「NO!」です(゚∀゚)

下着の上からインナー付きのランニングパンツを履いてはいけません

それをすると、下着が肌に擦れて股擦れを起こしてしまいます

また、インナーはタイトに作られているので、トランクスの上から履いてしまうと、トランクスがはみ出てしまって、格好が悪いです。みっともないですね(*´∀`*)

そもそもインナーは下着の代わりとして作られているので、下着を履く必要はありません(゚∀゚)

知っている人は「当たり前やんけ!」と思うかもしれませんが、実はこれを知らない人がいたりします。

特に、陸上を始めたての中学生や高校生が、インナー付きのランパンを、下着の上から履いてしまうのです。

中学生はまだ下着がブリーフだったりしますので、違和感がないんですね(゚∀゚)

ブリーフの上からインナー付きのランパンを履いてもまったく外見では分かりません(*´∀`*)

ですので、間違いにも気付かれにくいんですね。

何か理由があって、下着の上からインナー付きのランパンを履く人もいるかもしれませんが、基本的な履き方は下着不要ですので、覚えておきましょうね(*´∀`*)
 

スポンサードリンク

 

インナーがないランパンの正しい履き方とは

さて、インナー付きのランパンの正しい履き方が分かったところで、インナーがないランパンはどうかと申しますと、これはもう「下着を履いてくれ!」です(゚∀゚)

普通の短パンのように下着の上から履きましょうね(゚∀゚)

私の友達の中には、ノーパンでインナーが付いていないランパンを履く人がいますが、それは特例ですので、普通は下着の上から履くものです(゚∀゚)

スパッツの正しい履き方は

ちなみに、スパッツはどうかと言いますと、こちらは下着不要で結構です(゚∀゚)

スパッツはインナーが付いていないので、下着の上から履く人もいるかと思いますが、下着なしをオススメします。

理由は、先に述べたように、スパッツは圧迫しますので、下着を履くと股擦れを起こす原因になります。

また、下着があると股間周りがきつい感じになるので、走っているときにストレスを感じると思います。

これまでスパッツを履くとき、かならず下着の上から履いていた方は、一度下着なしで履いてみてください。

きっと、着け心地の良さを感じることができると思いますよ(*´∀`*)

参考までに、私がよくする格好は、下着を着用せずに長ズボンのスパッツを履き、その上からインナー付きのランニングパンツを履きます。

冬の大会のときは、ほぼこの格好で走っています(゚∀゚)

ちなみに、本ページの冒頭にある写真のランパンはこちらです。

インナー付きのランニングパンツですので、気になった方はこちらより確認ください(゚∀゚)

▼(アシックス)asics 陸上ウェア プラクティスランニングパンツ

(アシックス)asics 陸上ウェア プラクティスランニングパンツ XT7340 90 ブラック L

まとめ

ランニングパンツの正しい履き方についてご紹介しました。

まとめますとこうなります。

◆ランニングパンツの正しい履き方

・インナー付きランパン
→下着不要

・インナーなしランパン
→下着必要

・スパッツ
→下着不要

とまあ、こんな感じになります。

インナーは、下着の代わりですので、二重で下着を履かないように気をつけましょう。

長距離の場合は、なるべくストレスなく走ることが大切ですので、服装の段階で間違わないように注意しましょうね(*´∀`*)

スポンサードリンク