ランニング用イヤホンはBluetooth付きが絶対におすすめ
 

今回は、ただただ、ひたすらにBluetooth付きのイヤホンが超おすすめですよというお話しです(*´∀`*)

ランニング中に音楽を聞いている方で、有線のイヤホンをされている方であれば、この記事はかなり心が動かされると思います、たぶん(゚∀゚)

そして、これからランニングをするときに音楽を聴こうと思っているあなた(*´∀`*)

絶対にイヤホンはBluetooth付きにすべきです!

イヤホンのケーブルが邪魔、イヤホンが外れやすい、なんて悩みよくありませんか。これぜーんぶBluetooth付きイヤホンが解決してくれます。

今回は、「ランニング用イヤホンはBluetooth付きが絶対におすすめ」と題して、Bluetooth付きイヤホンの良さを語ります。

 

スポンサードリンク

 

Bluetoothって素晴らしい

ランニングをしているとき、みなさんは音楽を聴いていますか?(゚∀゚)

私は、練習をしているときは必ず音楽を聴きながら走っています。

音楽を聴いて走ると、すぐに時間が経ちますし、苦しさも軽減されるからです。

ただ昔は、走りながら音楽を聴くってなると、結構大変でした(゜Д゜;)

ランニングしながら音楽を聴くためには、ポーチやポケットに音楽プレーヤーを入れて、そこから有線のイヤホンを繋げて、自分の耳に差し込みながら走らないといけなかったんです。

このかたちで音楽を聴きながら走っていると、顔を横に少し向けたりするだけで、イヤホンが顔を引っ張ってとても煩わしい思いをすることになりました。

でも、今は違います

そうです、Bluetooth(ブルートゥース)というものができたため、無線で音楽を聴けるのです(゚∀゚)

このBluetooth機能がある音楽プレーヤーとイヤホンがあれば、わざわざ音楽プレーヤーからイヤホンのケーブルを繋げなくても音楽を聴くことができるのです。

これは本当に便利なんですよ!

一度、Bluetoothを味わってしまうと、もう抜けられないと思います(゚∀゚)

ランニング用イヤホンは絶対にBluetooth付きのものをおすすめする理由

まずはおすすめする理由です!Bluetoothのメリットです

◆Bluetooth付きイヤホンのメリット

・イヤホンのケーブルが邪魔にならない(もうこの理由だけでも買いです)
・ケーブルがいらないから、音楽プレーヤーをランパンのポケットや、ポーチなど、好きなとこにしまえる
・ケーブルがないため、鞄の中に入れても他の荷物と絡まない

Bluetoothをちょっと使ったらその便利さに誰もが感動すると思います。

一番の理由は、イヤホンのケーブルがいらないこと!ですね(*´∀`*)

ケーブルありのイヤホンで走ったことがある人は、あの煩わしさを経験したことがあると思います。

顔を傾けたり、後ろを向いたりしたら、ケーブルがグッと引っ張るんですよね(゚∀゚)

なので、首周りがガチガチになってしまい、余計な力を無意識のうちに使ってしまいます。

Bluetooth付きイヤホンにすれば、そのストレスから完璧に解放されるのです。

しかし、メリットがあれば、デメリットももちろんあります。

デメリットはこちらです。

Bluetooth付きイヤホンのデメリット

◆Bluetooth付きイヤホンのデメリット

・音質がちょっと落ちる
・電池の減りが早い
・電池が切れるとBluetooth機能が使えなくなるので、音楽が聴けなくなる
・電波が悪い所だと、雑音が入るときがある。

音質に関しては、イヤホンの質にもよります。高いイヤホンですと、それほど音質の違いは分かりません。安いイヤホンですと、音質の微妙な違いに気づくと思います。

それと、有線のケーブルですと、本体の音楽プレーヤーの電池があり続ければ、音楽を聴くことができますが、Bluetooth付きのイヤホンは電池があるので、その電池が切れると音楽を聞けなくなります。

 

スポンサードリンク

 

おすすめBluetooth付きイヤホン

さて、Bluetooth付きイヤホンのメリットとデメリットをご紹介しましたが、私がおすすめするBluetooth付きイヤホンは何かをご紹介します。

▼QCY QY8 Bluetooth 4.1 ワイヤレスイヤホン

【日本正規品】メーカー1年保証 / QCY QY8 白黒2色 Bluetooth 4.1 ワイヤレスイヤホン マイク内蔵 ハンズフリー 通話 APT-X CSR 8645 CVC6.0 ノイズキャンセリング搭載 防水 / 防汗 高音質スポーツイヤホン 技適認証済 (ブラック)

新品価格
¥3,280から
(2016/6/25 15:56時点)

▼Tenswall Bluetooth イヤホン ワイヤレススポーツイヤフォン

Tenswall Bluetooth イヤホン ワイヤレススポーツイヤフォン Bluetooth 4.0 ステレオヘッドセット ランニング ジョギングに最適 カナル型 マイク搭載 防汗仕様 APTX対応( レッド)

新品価格
¥2,100から
(2016/6/25 15:58時点)

2つご紹介しましたが、これ以外にも似たような商品はたくさんあります。

私なりに購入する際、ポイントにして欲しい点がありまして、そちらをご紹介しますと、こんな感じです。

 

◆Bluetooth付きイヤホンを購入するときに確認すべき点

・スポーツをする用に作られているか。
・防汗、防水になっているか。
・保障期間があるか。
・電池の持続時間が、自分の走ろうとする時間以上にあるか
・イヤホンが耳に埋め込み式のものか

とまあ、こんな感じです。

Bluetooth付きイヤホンは、ランニング以外でも使えるので、当然ランニングに適していないイヤホンが販売されています。日常生活で使うことを想定して作られているイヤホンですね。

そんなイヤホンをランニング用として使ってしまうと、すぐに故障してしまいます。

イヤホンをしながら走ったことがある人なら分かると思うのですが、意外と汗は耳(イヤホンの部分)に溜まるので、イヤホンが防汗/防水でないと、すぐに故障してしまうのです。

ですので、これからランニング用にBluetooth付きイヤホンを購入しようと思っているのであれば、必ず防汗/防水加工のものかチェックしておいてください。

あと、ポイントにあげた「イヤホンが耳に埋め込み式のものか」が、どういうことかといいますと、ランニングをしていると、イヤホンが外れることがあります。

コレはイヤホンの材質に問題があって、イヤホンの素材がプラスチックのものですと、よく外れてしまいます。

安めのイヤホンですと、そのプラスチック性のものが多かったりするのですが、それはやめて、ゴム素材で、耳の中のほうに押しこんで装着するイヤホンにしたほうが良いということです。

まとめ

ランニング中に音楽を聴くことは、良い気分転換になりますし、走っているときの苦しさを忘れさせてくれるため、おすすめです。

有線のイヤホンでランニング中に音楽を聴こうとすると、とても煩わしいため、とにかく無線のBluetooth付きイヤホンをおすすめします!

今回を機会に是非検討してみてください☆

それではまた!シャキーン(*´∀`*)
 

スポンサードリンク