【ランニング用ライト】夜間に走るなら腰か腕用のライトがオススメ

 

どうも、せごまるです。

今回は夜間のランナーのために送る「ランニング用ライト」についてご紹介します。


スポンサードリンク

夜間にランニングするならライトがオススメ!特に腰か腕に取り付けるもの!

みなさんは、走るとき何時頃走っていますでしょうか。

私は夜走っています。平日の昼間に仕事をしているため、ゆっくり時間をかけて走れるのが夜になるからです。

夜間にランニングをしたことがある人であれば、少しは感じたことがあると思うのですが、怖いですよね!?

夜間走っていると後ろから車・バイク・自転車に轢かれるんじゃないかなとか思ったことはありませんでしょうか?

街灯があるところであれば問題ないのですが、田舎で走っている場合は特にそのような危険があると思います。

そこで、オススメしたいのがランニング用のライトです!

ランニング用のライトをつけていれば、後ろから轢かれることがないですし、車や自転車に乗っている人にも迷惑をかけなくて済みます。

私はランニング歴が20年以上ありまして、周りの知人にもランナーが多くいます。

大抵のランナーが夜間走っているのですが、みなさんそれぞれのライトを持っています。

今回は、そんな中でもオススメのライトをご紹介したいと思います(゚∀゚)

それでは、早速行きましょう!

ランニング用ライト:クリップ方のランニング用ライト

まずはこちらをご紹介します!クリップで留められるランニング用のライトです。

これは軽量でコンパクトなのですが、ライトとしての機能を十分発揮してくれます。

一見どうやって付けるのか分からないと思いますが、↓こちらの写真のとおり、クリップ止めで取り付けることができます。

▼ランニング用ライトの取り付け方
ランニング用ライト

これなら走っているときに邪魔にならないので、良いですね!

欠点としては、後ほどご紹介するヘッドライトやウエストライトほど光量がないので、足元を照らすことができない点ですね(゜Д゜;)

ランニング用ライト:腕用ランニングライト

続いては、こちらです!腕用のライトです!

腕に取り付けることができるランニングライトです。

前にご紹介したLEDライトよりも光部分の範囲が広いので、遠くからでも割と走っているということを伝えることができます。

私も実際に腕に取り付けて何度も走っていますが、初めは違和感を感じますが、長い距離を走れば慣れてきますので、ストレスは感じなく走ることができます。

付けてるイメージとしは↓こちらです。

ランニング用ライト 腕用

バンドは調整できるようになっていますので、女性のような細い腕の方でも取り付けることができますので、オススメです。

似たような製品に以下もありますので、こちらもオススメです。

 


スポンサードリンク

ランニング用ライト:ネックタイプのランニングライト

続いてはこちらです!首にかけて走るネックタイプのランニングライトです。

こちらは「パナソニック」が出しているネックストラップ型のランニング用ライトです。

腕や腰につけたくない人には、フィットするライトですね。

走っていると上下運動をするので「ライトが胸の当たりでトントン飛び跳ねてしまうのでは?」という懸念がある人もいるかもしれませんが、実際にそれはあります。

ただし、ストラップの紐自体がそれほど長くないため、トントン当たることはあっても気になるほどではありません。慣れます。

冬などは厚着して走る人がほとんどだと思いますが、服の上からストラップを首にかけるので、気になるほど当たるということはないので大丈夫かと思います。

ランニング用ライト:ウェストベルト型のランニングライト

続いてはこちらです!腰用のライトですね!

ウエスト型のランニング用ライトのメリットは、走っているときに邪魔にならず、足元を照らせることです。

次にご紹介するヘッドライトもそうなのですが、とにかく明るく照らせるのが良いですね。

夜間中によくつまづく人や転倒したことがあるランナーであれば、強くオススメします。

明るいので、当然周りの人からも走っているということを知らせることができますので、目印用のライトとしても役立ちます。

ランニング用ライト:ヘッドライト型のランニング用ライト

続いてはこちらです!ヘッドライトです。

ヘッドライト型のランニングライトですね!

ヘッドライトは足元を照らせるため、夜間のランニング中に足元が怖い人であれば、こちらのヘッドライト型のランニング用ライトをオススメします。

私はトレイルランニングをしますので、夜間用の山のランニング用にヘッドライトを持っています。

ヘッドライトはとにかく明るく照らせますので、夜間にヘッドライトをしながら走れば安全です。

欠点は、明るすぎるので車の運転手からすると眩しく映るときがあるため、嫌がられる点だと思います(゚∀゚)

あとは、頭に取り付けるため違和感がある人であればストレスと感じることだと思います。

ランニング用ライト:ベスト型のランニング用ライト

続いてはこちらです!ベスト型です。

工事現場でもお馴染みの反射ベストです。

これはランニング用でも使えまして、ライトのように自分から光を放つタイプではなく、反射によって光を照らすものです。

ですので、電池は不要です。

そして、思ったよりも光ります。

自転車のライトでも照らされれば光るので、街中でランニングするのであればとても役に立ちます。

欠点は、見た目が派手なので恥ずかしいところではないでしょうか(゚∀゚)

まとめ

ランニング用ライト」についてご紹介しました。

まとめますと、こちらです!

■ランニング用ライト

・クリップ型のライト
・腕用のライト
・ネックストラップ型のライト
・ウェストベルト型のライト
・ヘッドライト型のライト
・ベルト型

ランニング用のライトと言っても、たくさんの種類がありますが、私は腰用のライトがオススメです。

腕は取り付けが楽ですし、走っているときに邪魔になりません。

腰用のライトは、足元を広く照らせることができるため、夜間のランニングで足元が気になるという方にオススメです。

夜間のランニングは危険がつきものです。

事故が起きてからですと遅いですので、夜間にランニングするランナーのみなさんであれば、一度検討してみることをオススメします(゚∀゚)

それでは、また別の記事でお会いしましょう!


スポンサードリンク