スポンサードリンク

練習報告

本日の練習報告です。

距離:21キロ
タイム:1時間38分4秒
1キロラップ:4分41秒
調子:良し
練習満足度:サイコー!

せごまると愉快な仲間たち

せごまる「捻挫で1週間まるまる走ってなくて不安だったけど、なんとか21キロ走れたよ!」
桃子ちゃ「あら、凄いじゃない。足は平気だったの?」
せごまる「なんとかね」
ウラモゲ「ふん。まあ頑張ったと言っておこうか。俺なら捻挫中でも走ったけどな」
せごまる「さすが、ウラモゲス君。でも俺には、無理だわ。だって歩く時も痛いほど、腫れてたんだもん」
ウラモゲ「根性で走れるだろ」
桃子ちゃ「まあ!根性で走れるなんて、かっこいいわウラモゲス先輩」
せごまる「いや、走った後のことを考えると、ケガ中のときは走るのをやめた方が良いと思うよ」
ウラモゲ「ふん、だから貴様は弱いんじゃ!」
せごまる「なに!(what?)」

ケガ中に練習をすべきか、休むべきか。

先週テニスをしているときに捻挫をしてしまいました。

腕ならまだ良かったのですが、足首をひねってしまったので、
走ることができませんでした。

今日はその怪我から1週間ぶりに21キロを走りました。

走る前は15キロにしようと思ったのですが、
調子が良かったので21キロに延長しました。

その結果、、足が痛むんです。
走り終わって捻挫した部位が痛みます。

そりゃそうだと言われればその通りなのですが、
走っている最中は痛みがほぼ0なので、気づきませんでした。

なんなんでしょうね。走っているときは、ほぼ興奮状態なので
痛みを忘れてしまうんですかね。

スポンサードリンク

中学校時代、太ももを怪我したときも、ランニング中は痛くなく、
練習後に痛みが発生しました。

ランニングには麻薬効果があるんでしょうか。人体って恐ろしいです。

ただ、今日のように怪我中に走ったことに後悔しているかと問われれば、
私はまったく後悔をしていません!

過去に色々な怪我をしてきて、ひとつの結論に至りました。

それは、走って痛みが出ないほどのケガであれば、走って問題ないです。

もっと、強気に言わせてもらいますと、走れるなら走ろうぜベイベーです。

怪我中に走ってしまうと、そりゃあ、完治するまでに時間
がかかるかもしれません。

もっと悪化するかもしれません。

でも、経験上、走って痛みがでない程度の怪我であれば、
悪化することはありませんでした。

走った後に痛みは出ますが、走りながら治すことが可能です。

大会1か月前になって、怪我をした場合などは、怪我で休んで
いられないので、怪我でもとにかく走ります。

走ることにより怪我を治し調整するという計画にします。
そうすると自然と怪我が治り、練習も休むことなく続けられます。

ダイエット中の怪我でもそうです。
いや、ダイエット中は特にそうかもしれません。

怪我でも走って、体重を減らしてやるぞ!という強い気持ちが大事だからです。
怪我しちゃったから今日はウォーキングに変更しようとかはしません。

走ります。なぜなら走った方が痩せるからです!

私はこの信念を貫きます。

あくまで個人的な考えですので、参考にしないでください。
こういう人もいるんだなって思ってもらえれば幸いです。

スポンサードリンク