【負荷の高い効率練習】坂道インターバル走の効果的な実践メニュー

 

せごまるせごまる

坂道インターバルはきついんですが、頑張った分だけの対価を得ることができます

どうも、管理人のせごまるでっす!

今回は「坂道インターバル走の効果的な実践メニュー」についてご紹介します(゚∀゚)

スポンサードリンク

 

坂道インターバルとは

今回は坂道インターバルの練習方法についてご紹介しますが、そもそもインターバルを知らない人がいると思うので、インターバルについてまずご説明します。こういうことです!

■インターバルとは

・長距離走の練習方法のひとつ
・速く走るのと、ゆっくり走るのを交互にするトレーニング
・長距離で必要な心肺機能と脚力を鍛えることができる
・スピードの強化もできる

とまあ、こんな感じです(゚∀゚)

インターバルは長距離の中心的な練習といっても過言ではないくらい、重要な練習方法なんです。

私は中学生時代にインターバルをよくやっていまして、一番嫌いな練習でした。とにかくきついんです(゜Д゜;)

でも、その分、鍛えられますので、強くなりたいランナーは練習に取り入れるべきです。

普通インターバルは平地でやりますが、これを坂道でやるともっと効果的なんです。それが、坂道インターバルです(゚∀゚)

坂道インターバルの実践方法

さて、早速ですが坂道インターバルの具体的な実践方法をご紹介します。

■坂道インターバルの実践方法

・まず坂道を探す。
・坂道の距離は100m〜200m程度で良い。
・坂の下がスタート地点。
・全力で駆け上がる。坂の上がゴール。
・上まで行ったら、ゆっくりジョギングして下まで降りる。
・これを繰り返す。
・100mの坂なら10本。200mの坂なら5本を目安に。

とまあ、こんな感じで、やり方はいたって簡単です(゚∀゚)

坂道を全力で駆け上がり、下はジョギングでゆっくり返ってきて、また全力で駆け上がる

これを繰り返せば良いです(゚∀゚)ポイントは、全力でっというところです。

まさに全力坂です!

坂道を駆け上がると、脚の筋肉がパンパンに張り、呼吸もすぐに苦しくなります。平地に比べて坂道は過酷ですが、これをトレーニングに取り入れると、脚と心肺機能を短時間で鍛えることができます(゚∀゚)

まだ取り入れていないランナーにはオススメの練習方法です。

スポンサードリンク

 

坂道インターバルをする上でのちょっとしたポイント

その日に、いきなり坂道インターバルのような負荷の高い練習をすると、肉離れなどの怪我をしてしまう可能性がありますので、きちんとウォーミングアップをしてから実践するようにしましょう。

私は、坂道インターバルをするときは、近所の坂を使うのですが、その坂にいくまでジョギングをして向かいます

そうすることによって、ウォーミングアップになりますので、坂についた時にすぐに始められ時間を短縮できます。

また、坂道インターバルが終わった後も、クールダウンをかねて、ゆっくりしたペースでジョギングをして帰ります

こうすることで、筋肉の疲労を軽減できます。次の日の練習に備えることができるのです。

坂道インターバルには、軽量のシューズで望むと良い

坂道インターバルは距離が短いので、クッション性のあるシューズよりも、軽くて走りやすいシューズでやると良いです。

オススメのランニングシューズをご紹介します。

▼[アディダス] ランニングシューズ adiZERO takumi sen BOOST 3

[アディダス] ランニングシューズ adiZERO takumi sen BOOST 3

新品価格
¥10,692から
(2017/6/3 19:29時点)

▼[ニューバランス] ランニングシューズ メンズ Fresh Foam Zantev3 MZANT

[ニューバランス] ランニングシューズ メンズ Fresh Foam Zantev3 MZANT

新品価格
¥6,999から
(2017/6/3 19:30時点)


 
 

まとめ

坂道インターバル走の効果的な実践メニュー」についてご紹介しました。

坂道インターバルは、何と言っても短時間で負荷の高い練習ができますので、すぐに効果が出るところが良いです。

これまでインターバル走をしたことがない人には、その分効果が期待できると思いますので、オススメします。是非実践してみてください(゚∀゚)

スポンサードリンク