【コスパ最強】ランニング用テーピングのオススメはこれだ!

膝や腰が痛いとき、テーピングを貼って対策するのは有効な手段です(*´∀`*)

私は特に膝が痛くなるので、長い距離を走るときなどは、よくテーピングを利用します。

今回利用したテーピングがこれまで使っていたテーピングよりもとても良かったので、ご紹介します。
 

スポンサードリンク

 

3M(スリーエム) キネシオロジー テーピング

はい、ズバリ、オススメのテーピングは3M社が発売しているキネシオロジーテーピングです。

写真はこちら↓です(゚∀゚)

▼3M(スリーエム) キネシオロジー テーピング マルチポアスポーツ レギュラー 50mm 6巻

3M(スリーエム) キネシオロジー テーピング マルチポアスポーツ レギュラー 50mm 6巻 274350

一見、普通のテーピングですが、とにかく良かったです。
良い点を挙げていきますね(゚∀゚)

材質がしっかりしている

まずテーピングの材質です。これはしっかりしていて、ガッチリサポートしてくれるという印象です。

私は中学時代からテーピングを使っていて、色々な種類のテーピングをこれまで経験してきたのですが、テーピングの中には「うわ、これビニールテープじゃん」て思ってしまうくらい薄っぺらいテーピングがあります。

薄っぺらいテーピングは強度が弱いので、膝や腰をうまく補強してくれないんですね。

その点、今回のキネシオロジー テーピング は厚くて材質がしっかりしています。

剥がれずらい

スポーツ用に作られたテーピングなだけあって、汗や水などには強く剥がれにくいです。

一回テーピングを取り忘れてシャワーを浴びたことがあるのですが、それでもしっかりついていました。

剥がれにくいのは結構重要なんです。

特に膝周りにテーピングを貼ると、ランニング中膝は常に動くので、剥がれやすいのですが、このテーピングはガッツリ補強してくれる感じです。

私はトレランをするのですが、山の下りのときでもきちんとサポートしてくれてました。

トレランでは特に山の下りが一番膝を使いますが、特に問題なかったです(゚∀゚)

 

スポンサードリンク

 

コスパが良い

今回ご紹介したテーピングの商品名は「キネシオロジー テーピング」というものです。

「キネシオテープ」とは、「キネシオテーピング」法というテーピングの貼り方の方法があるのですが、その貼り方を行うため用に開発されたテーピングのことをさします。

また、キネシオテーピング法とは、人間の体の動きを研究する学問を「キネシオロジー」(人体運動機能学)といい、名前はここから由来されているそうです。(wikiより)

要は、人体運動について研究している先生達が、テーピングの貼り方を考え、その貼り方をするにはそれ用のテーピングが必要だよねってことになり、開発されたのが、キネシオテープってことですね。

このキネシオテープって、他のメーカーでも売られているわけですが、大体他のメーカーでは、1巻1,000円以上します。

その点踏まえますと、今回の3M社のキネシオロジーテーピングは、4巻3,000円ですので、非常にお安くなっております。

コスパが高いですね(゚∀゚)

ピタっとフィットする

人体運動機能学(キネシオロジー)に精通したテーピングとなっていますので、体の動きにあうように、このテーピング自体が伸縮するようになっています。

そのため、複雑な箇所(膝周りなど)でもうまく貼り付けられるようになっています。

テーピングは大体、伸縮するようにはなっているのですが、材質が薄かったり、剥がれやすかったりしますが、このテーピングは、先述したように、材質もよく剥がれにくいです。

その点、気になっている箇所にうまく貼り付けられるのが良い点です。

まとめ

オススメのテーピングということで、「3M キネシオロジー テーピング」をご紹介しました。
まとめますとこうです(*´∀`*)

・材質がしっかりしている
・剥がれずらい
・コスパが良い
・ピタっとフィットする

箇条書きにすると、他のメーカーのテーピングでも良さそうと思われるかもしれませんが、全ての点において精度が高いです。

テーピングは消耗品になるため、なるべくコスパが良いものを欲しいところですが、この商品はそれが適っている商品だと言えます。

それでは、また!
シャキーン(*´∀`*)
 

スポンサードリンク